2006年03月19日

“世界一受けたい授業” をみて

昨日の(3/18)の「世界一受けたい授業!!」って見た?

アフリカ(どこの国か忘れた。ごめんなさい。)のノーベル平和賞をもらった大臣 ワンガリ・マータイさんという人の話!



感動しました!!!



「世界的に今、reduce・recycle・remake?の3Rを大切にしたい。」

という運動をされているそうです。
(お酒飲みながら見てたんで所々間違ってたらごめんなさい。)


その3R を一言で表した言葉が世界でたった一つだけある。
さてその言葉は?日本語です。



なんと!  

「もったいない」
  
 
ワンガリ・マータイさんは
「もったいないという言葉がある日本人の発想はすばらしい!」
とおっしゃっていました。


日本人として非常にうれしかった。

そんな風に日本語のことを捕らえてくれる方もいるんだなあ。


世界中みても、「もったいない」という言葉は
日本にしかないっておっしゃってました。
本当かなあと思い調べてみました。





もっと多くの人にその施設を利用してもらわないともったいない。
It's a shame more people don't use the facility.

もったいない!何という無駄だ!
What a waste!

〜とは残念だ、〜は困ったことだ、〜するのはもったいない
It's a shame to

こんな天気のいい日に家の中にいるなんてもったいない
It's a shame to stay indoors on such a lovely day.

ダメ、もったいないから。
No, we don't waste water.


「なんてもったいないことを」と農夫は言い返しました。
"What a terrible waste," he replied

「紙は両面使ってくれる?片面しか使わないの、もったいないじゃない」「
“Can you use both sides of the paper? It's kind of a waste to use only one side."

そんな、私にはもったいないです
It's more than I deserve.

もったいないよ
That's a waste.

                〜スペースアルク英辞郎より〜



だいたいは waste を使っているようです。




ん?なんでこんな話をはじめたんだっけ??



そうそう ワンガリ・マータイさんの話に感動したんです!!

英語の勉強もいいけど日本語もいいよねぇ。


日本語って一語一語の重みがある。


逆に言うと英語って一語一語の重みがない!
大して意味のない単語をたくさんしゃべってる!


あまり単語にこだわらないのもひとつの手ですよ。


あまりきっちりやらなくても大丈夫。だいたいでいいですよ。
(なんという結論じゃ!!)





posted by Tonose Makoto at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
ゴゴタン!発行者のTakeshiと申します。

今日コメントに気付き・・
ブログ拝見させて頂きました、すみませんm(__)m

新幹線に貼ってあったポスターの中で

「もったいない。(mottainai)」

って言葉だけデカデカと書き込んでいた
やつがあったことを思い出しました。
どこの企業か忘れちゃったんですけどね
(広告の意味無し?!)。

インパクトは特大でしたね。
この言葉、やんわりとしてますが
でっかい影響力持ってますね。
日本語の奥の深さは僕も痛感してます。

それでは、またお邪魔させていただきます!
Posted by Takeshi at 2006年03月18日 23:34
“世界一受けたい授業” をみて: 学問に王道あり!?−英語勉強法探索マガジン−
Posted by gucci 財布 激安 at 2013年07月21日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。