2006年03月16日

いい勉強法ないかなぁ、と嘆く前に。

こんにちは。Tonose Makoto です。

今日は英語の教材について少しコラムっちゃいます。


基本的に日本人はリスニングがうまくないです。

これは科学的に証明されていることです。
英語と日本語はあまりにも音が違うのです。

それはしょうがない。


で、世の中にはいろんな教材が出回っています。

そして最近よく目にするのは、
「右脳開発」「英語の脳に変える」

など科学的なアプローチです。


おそらく、このような科学的アプローチは効果が期待されるのだと
思います。


わたしも「右脳開発!!」

なんていうタイトルの本を書店で買ってためしたことがあります。

なにも高いお金を出さなくても、本屋さんに行けばいくらでもあります。

ちなみにわたしの買ったやつは1900円でした。
     (なんとCD2枚つき!安い!)


わたしの持論は
「どんな教材でも必ず効果は期待できる。
問題はコストパフォーマンスだ。」


結局、10万円払ったとしたら払っただけの効果がほしい。
(もともとケチなんだろうな、きっと。)


おそらく教材というのは使う側の問題で、効果があったりなかったり
するものです。


リスニングを鍛えるために非常に役に立つ方法の1つは・・・






まずはCDを1枚買いましょう。
ネイティブがしゃべってくれているものがいいです。

あまり基本的過ぎるのは困りますが、
短文を集めたようなものでも構いません。

CDの内容のテキストが付いていると最高です。

本屋さんに行けば、1000〜2000円で売っています。それで十分!

あとはCDを何度も聞きましょう。(100回は聞いてほしい)


20回ぐらい聞いたらテキストを軽く見てみましょう。
   (軽くですよ。あまり時間を掛けなくていいんです。)




そう、自分の好きな音楽のCDでもこんな感じじゃあないでしょうか?


英語のCDを自分のお気に入りのCDの1枚に加えてください。

そのうち覚えるフレーズも出てくるかもしれないし、
意味を知りたいものがあったらテキストを見て(歌詞カードのように)
確認するかもしれません。

100回も聞けないっていうのなら、別のCDを買ってきてもいいんです。

そう、音楽のCDと同じように。


洋楽の音楽CDは、あまりお勧めしません。

(丸暗記しても使いづらい表現が多く、
なにせ情報量が少ない。同じ10分使うなら、
英会話やニュースのCDのほうが英文の量が格段に多い。)


そのうちCD1枚になじんで、好きなフレーズを覚えちゃいます。


まあ、楽しんで長〜くやってみて^^
posted by Tonose Makoto at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。